不動産コンサルティングの業務内容

  1. HOME
  2. 不動産コンサルティングの業務内容

不動産コンサルティングとは、不動産の利用・取得・管理・事業経営等について、助言・提案する業務です。そのために 必要な調査・分析等も業務に含まれます。また必要に応じて、助言・提案に基づく事業の実施・事務の執行を行うこともあります。 これらの業務に、資格士法に基づき資格士でなければ扱えない業務が含まれる場合には、専門の職者に依頼したり提携をして コンサルティング業務を遂行します。 近年は不動産に対するニーズが高度化、多様化しており、ますます専門的なコンサルティングが社会的に求められています。 そこで生まれたのが不動産コンサルティングを行うために必要な知識及び技能に関する試験を行い、合格後一定の要件を満たした方を「公認 不動産コンサルティングマスター」として登録する制度です。

【コンサルティング内容】
●不動産の管理信託●資産の評価・形成・運用●土地の有効活用●等価交換
●相続対策●都市再開発 ●不良債権●担保不動産処理●不動産の証券化
●賃貸アパート・マンションなどの企画経営●借地・借家の権利関係の調査・整理
●定期借地権・定期借家権の運用             ・・・その他不動産取引全般

不動産コンサルティング技能者登録制度

不動産業者は、不動産の開発や分譲、不動産の売買や賃貸の仲介、不動産の賃貸、不動産の管理等の業務を行っていますが、これらの業務に関連して、日常、お客様から様々な相談に応じており、多くの知識、経験を積み重ねています。しかし、最近の動向として、お客様の不動産に対するニーズの高度化、多様化に伴って、ますます高度のコンサルティングが求められるようになってきています。そこでお客様からのニーズに応えるために生まれたのが不動産コンサルティング技能者登録制度です。
詳しくは:
不動産流通近代化センター http://www.kindaika.jp/consul/consul-touroku

公認 不動産コンサルティングマスターとは

公益財団法人不動産流通近代化センターが国土交通大臣の登録を受けて実施する技能試験をクリア

・宅地建物取引主任者・不動産鑑定士・一級建築士のいずれかの資格を保有

5年間以上の実務経験者

実務、法律、税制、建築、経済、金融に関する幅広い知識を備える。

資格は定期的な更新が課せられ、日々知識をアップデートしている。

このマークのお店には、公認 不動産コンサルティングマスターがいます。