1. HOME
  2. 京都府不動産コンサルティング協会とは

京都府内に住居又は、勤務先がある個人又は法人(代表者・従事者)で国土交通大臣登録証明の(公認)不動産コンサルティングマスターの有志を中心に組織された職能団体です。 弁護士、税理士、司法書士、行政書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、公認会計士、一級建築士、施工管理技師、ファイナンシャルプランナー、宅建業者、建設業者、損害保険会社等も賛助会員となっています。

不動産コンサルティング技能試験・登録事業は、公益財団法人不動産流通近代化センター(以下「センター」という。)が国土交通大臣の登録を受けて実施する登録・証明事業です。不動産コンサルティングを円滑に行うために必要な知識及び技能に関する試験に合格し、登録要件を満たした方は、当センターへの申請により技能登録を受けることができます。当センターでは、技能登録を受けた方を「公認 不動産コンサルティングマスター」と認定し(「公認 不動産コンサルティングマスター認定証書」及び「公認 不動産コンサルティングマスター認定証」を交付)、不動産コンサルティングに関する一定水準の知識及び技能を有していることを証明します。

「公認 不動産コンサルティングマスター」と認定された方は、

(1)

「不動産特定共同事業法」における「業務管理者」となる資格

(2)

「不動産投資顧問業登録規程」における「登録申請者」及び「重要な使用人」の知識についての審査基準を満たす資格

(3)

「金融商品取引法」における「不動産関連特定投資運用業」を行う場合の人的要件を満たす資格 を有することとなります。

京都府不動産コンサルティング協会会員は、社会正義と高度な職業倫理観を持ち、わが国の不動産流通経済の発展と社会への貢献に寄与するこ事を目的に、グループ研究や定期的なセミナー・無料相談会を開催することによって、コンサルティング技能及び資質の向上に努めています。

不動産コンサルティングを活用してみてはいかがですか?

不動産コンサルティングに関する知識、技能には幅広い内容があります。依頼の案件によっては、弁護士、税理士、建築士など他の資格者と連携し、協力を求めながら処理します。特に複雑な案件では、各専門分野の知識、経験をもつメンバーによるプロジェクトチームを組み、これをコーディネートして、処理にあたり適切な不動産コンサルティングを致します。信頼のおけるコンサルティング技能者を選んで、このようなアドバイスを受けることはお客様にとって大変有利です。京都府不動産コンサルティング協会会員は、お客様のためにお役に立つよう努めています。